アルツハイマーの主な薬|アリセプト、レミニールとは?副作用はあるの?

アルツハイマー病の主な処方される薬

アルツハイマーというのは、その人によって認知能力や精神機能の維持が違うためにとても難しい病気です。
しかし認知症は、早期発見と薬の組み合わせで服用、リハビリによって改善と低下を抑制することが現在で一番の治療方法です。
アルツハイマーの主な薬は、4種類あります。
アリセプト(一般名 ドネぺジル塩酸塩)、レミニール(ガランタミン臭化水素酸塩)、イクセロン・リバスタッチ(一般名 リバスチグミン)、メマリー(一般名 メマンチン塩酸塩)です。
アルツハイマー型認知症を発症すると、脳の神経伝達物質のアセチルコリンが減少します。
このアセチルコリンの減少を食い止めることが注意力低下や意欲改善につながり、周囲とのコミュニケーションもスムーズになって患者様も落ち着かれるという、良い方向へ改善していくことがアリセプト(ドネべジル塩酸塩)の効果です。
ほかのアルツハイマーの薬も同じような働きを持つものですが、人によって合う合わないがあり、この薬の中で合うものを服用することで治療しています。
別の働きがあるものにメマリー(メマンチン塩酸塩)がありますが、アルツハイマーが進行すると、脳の神経伝達物質のグルタミン酸が過剰になって、脳神経を傷つけたり記憶することを邪魔することを阻害する働きがあり、それを抑えることでイライラ感、攻撃性を抑制できます。
ほかの薬と併用できるので効果が期待できます。

 

副作用について

アリセプトの副作用として、食欲不振、嘔気、嘔吐、下痢などの消化器症状があります
アリセプトでの代表的な副作用に吐き気、食欲の低下、下痢、めまいがあります。

 

それぞれ服用するときは医師の判断を仰ぎましょう。

 

薬に頼りたくない場合はサプリメントから始めるのも一つの有効な手段かもしれません。