プラズマローゲンと認知症 TBS夢の扉で紹介

プラズマローゲン 認知症にいいの?夢の扉の藤野教授達の番組をみた感想

認知症の改善に効果的な物質が九州大学の藤野武彦教授の研究によって発見されました。
TBS夢の扉で放送された番組によると、プラズマローゲンが認知症に効果のある物質ではとなっていました。
もっと詳しくプラズマローゲンと認知症の関係をみていきましょう。
あまり聞きなれない物質ですが、プラズマローゲンはわたしたちの体内にもある自然物質です。人間だけではなく魚介類や動物などにも同じくあります。
プラズマローゲンは脳細胞をコントロールする役割をもっており、ストレスなどで脳細胞が酸化され、死滅した際に、プラズマローゲンが身代わりとなってくれるのです。
このように脳疲労に効果的であることから認知症の改善にも期待できます。
その効果のほどですが、早いかたでは2週間で表情の変化が見て取れました。
また被験者40人に半年間に渡り摂取してもらったところ約半数のかたに大きな改善がありました

 

残りの半数のかたも現状を維持するという良いデータが報告されています

 

プラズマローゲンはサプリメントとして通信販売されているので、どなたでも気軽に試すことができます。
物忘れの防止、うっかりの防止、そして、認知症予防などの観点から定期的に購入する人も多いのが特徴です。
プラズマローゲンの効果や、口コミは非常に高い評価になっているのも支持されているとういことですね。